読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神威杏次 official blog

【俳優・脚本・演出家 カムイキョウジのモノローグ】主に、好きな映画の話に絡めて、神威が意味不明なことを書いているブログ。◆映画の話はネタバレご注意◆

ただただ、欲しいワンカットを求めて…「太陽がいっぱい」

先日、ジムのプールサイドに座っていたら、頭の中を「太陽がいっぱい」の旋律が流れた。もちろんあの「太陽がいっぱい」です。

 

ルネ・クレマン監督で作曲はニーノ・ロータ

ちなみに、日本語の歌詞がついてました。

 

太陽がいっぱい」を繰り返し観たのは小学生の頃。

20歳を過ぎてからは、一回くらい見直した程度か。奥深いテーマなんてわからず、感性だけで映画を観ていたあの頃から、およそ30年も経過したある日、突然、頭の中に主題歌が流れる。

 

途中の細かいセリフなんて覚えてなくても、あの有名なラストシーンだけが脳裏に焼きついている。

 

作り手が本当に観せたいのは、観てほしいのは「こんな絵を撮りたい」と思う、ワンカカットに違いない。また、映画とはそうあるべきだ。

 

僕らの日常も同じような気がする。

あるワンシーン・ワンカットを演じるために、他の膨大な時間が存在する。

 

些細な幸せを感じることのできるワンカットのために、ものすごい労力を使ったりする。

そういうものだ。それでいい。

 

人生という映画はけっこう長い。

撮り残しているシーンがまだまだ沢山ある。フィルムは後、どれくらい残ってたっけ?かなり余計なシーンを撮ってしまったような気がする。これからも、NGは沢山出すだろう。倉庫には、編集途中のフィルムが散乱している。

最終的なOKカットさえ残せばいい。

余計なフィルムはそろそろ捨ててしまいたい。

 

ここまで来たら、ストーリーの問題ではない。

あとどれだけ…撮りたいシーンを撮れるか。

 

ひとついえるのは…

一番撮りたいワンシーンはまだ撮ってない、

それだけは確かだ。