神威杏次 official blog

【俳優・脚本・演出家 カムイキョウジのモノローグ】主に、好きな映画の話に絡めて、神威が意味不明なことを書いているブログ。◆映画の話はネタバレご注意◆

「あばしり一家」初号試写

昨日は、映画「あばしり一家」の初号試写(関係者試写)。

 

試写に、原作者の永井豪先生が観にいらした時点で舞い上がる。

上映後、挨拶させていただいたのですが、もう完全に舞い上がって「先生の大ファンです」ということを伝えるだけで精一杯。

 

以前にもブログやコラムで何度か書いたことがあるけど、この世界に入ってから、現場で大スターに会ったり芝居で絡んでも、仕事という意識が強いせいか特に感激することはない。

でも、幼い頃に見ていたモノは別格。

純粋に素人に戻って感激してしまう。永井豪先生など、その最たる存在。恐れ多くて、一緒に写メをとらせてくださいとさえ言えなかった。

 

これは、神威史上、最大の後悔になっています。

2ショット写真、撮らせてもらうんだった!

 

幼い僕の思考回路から「勧善懲悪」なんて甘っちょろい感覚を消し去ってくれたのが「デビルマン」であり「あばしり一家」だった。以後、バッドエンドが好き、重たい映画が好き、なんて嗜好になったのは永井豪作品の影響が大。

 

先生の作品の中でも、この「あばしり一家」は意外にも初実写化。仮面ライダーやウルトラセブンと「戦った」時の感激と同類の感動。子供の頃に読んでいた漫画のキャラクターをまさか自分が演じるとは、その時は夢にも思っていなかったなぁ、とか。

 

やっぱり特撮の世界はイイ。

大の大人が寄ってたかってヒーローごっごで遊んでいるようなそんな感覚が心地いい。

 

この作品の報告だけは、

ダークサイドなカムイブログのトーンを無視して、明るいまま、〆るとします。