神威杏次 official blog

【俳優・脚本・演出家 カムイキョウジのモノローグ】主に、好きな映画の話に絡めて、神威が意味不明なことを書いているブログ。◆映画の話はネタバレご注意◆

この世で最も貴重なふたつのモノ

「人生、この先なんかあると思ってんじゃね~だろうな?んなもん何もねーよ。ただ、働いて、食って、寝るだけだ。わかったか、この中卒!」

 

 

ひさしぶりに、こんな爽快なセリフを聞いた(笑)

<広告>

 

劇中のマキタスポーツさんのセリフだが、本当に何もしてこなかった人に、このセリフは言えない。人生、いろいろ戦ってきた人間ほど、厳しさも現実も、すべてなんとなく悟ったうえで「人生なんて儚い」って感じるんだと思うから。

 

そんな最低のセリフを言い切った直後に「襟裳岬」をめっちゃ上手に歌うマキタさん。 人間、本当に言いたいことは、言葉にはできないのかも知れない。

 

中卒で日雇い労働で…救いようのない生活を送る主人公だが、彼は、おそらく本人はまったく気づいてないけど、この世で最も貴重なモノを2つ持っている。

 

「若さ」と「健康」。

 

この2つがあれば、他の大抵のことはなんとでもなる。だから怖いものがない。

 大人はそれを知っているから、だから青春モノって普遍的にウケる。

 

芥川賞受賞の原作はもっとダークらしいけど。映画化するなら、これくらいPOPで良い。でも「友ナシ金ナシ女ナシ、この愛すべきロクデナシ」(だっけな?)とかいうコピーはいただけない。陳腐すぎる。主人公が全然「愛すべき」奴じゃないのに。

 

冒頭のセリフをそのままコピーに使えばよかったのに。

そのほうが潔い。

 

それにしても、森山未來の役作りは凄い!

そこ観るだけでも、その辺のハリウッド映画より何倍も価値ある映画です。