読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神威杏次 official blog

【俳優・脚本・演出家 カムイキョウジのモノローグ】主に、好きな映画の話に絡めて、神威が意味不明なことを書いているブログ。◆映画の話はネタバレご注意◆

その時、そこにしかない景色

20年くらい前、撮影現場に出ると、必ず、どこかに知り合いがいた。

 

俳優だったり、メイクさんだったり、助監督だったり。中には3本くらい続けて同じ現場になる人も。

 

映画、ドラマに加え、Vシネマが腐るほど作られていた時代だから、その中でそれなりに売れていれば、さほど不思議な話ではない。当時、そんな慣れ親しんだ仲間でさえ、僕は、プライベートの連絡先をなるべく聞かないようにした。「どうせ、また会える」から。

 

連絡先も聞かずに、クランクアップしたら「じゃまた!」と別れ、当然のように、また違う現場で「まいど」と再会する。そんなスタンスがカッコいいとも思っていた。

 

仲間と現場で再会するのはなにより嬉しかった。「お互いに頑張ってる」と、確認しあえることが、嬉しかった。

 

なにかのインタビューで「怖いモノ」を聞かれてこう答えた。

 

「なにが怖いって『老い』が怖い。」

<広告>

 

 

===========

 

時が過ぎ、時代も変わった。僕もそれなりに歳をとった。

 

facebookで、SNSで、当時の仲間たちと再会をするなんて、当時は考えもしなかったような事も普通になった。

 

20年前に思っていた「人間、縁があれば、また会える」は間違いではない。ただ、ふと気づく。

 

「その後、縁がなく、会えなかった人のほうが遥かに多い。」という事に。

 

そう、一緒に仕事をしたり、なにかを一緒に頑張った仲間でも、統計的にみれば「(結果的に)もう一生会えない」可能性は、けっこう高い。

 

20年前とは真逆の方向に視点が行く。

 

最近は、誰かと会った別れ際、「じゃ!」と手を振りながら、心の中で「達者でな。」と言ってるような。なにかしらの覚悟が混ざっている。

 

いや、悲観してるわけでも嘆いているわけでも、望む望まないでもなく、実際に「結果的にその日が最後に会った日になる」可能性は、歳を重ねるに連れて、当然、増えていく。

 

どんなに仲の良い相手でも「会うのは今日が最後」になる可能性は常にあるんだ。

 

そう意識すると、なにかがちょっと変わってくる。

 

その時、そこにしかない景色の中で、

誰かと、なにかを共有すること。

その素晴らしさを噛みしめて、生きていくべきだ。