神威杏次 official blog

【俳優・脚本・演出家 カムイキョウジのモノローグ】主に、好きな映画の話に絡めて、神威が意味不明なことを書いているブログ。◆映画の話はネタバレご注意◆

「わんわん!」と「にゃ~にゃ~!」

  男女のケンカって決着がつきません。

  どちらかが疲れて終わることはあっても、どちらかが折れて終わることはあっても、明確な勝敗はつきません。

  なぜなら異種格闘技戦だからです。
陸の上では虎が勝つ。海の中ではサメが勝つ。

 違う動物だからです。むしろ決着をつけちゃいけないです。

<広告>

 

=====

 男は、大抵、答えを出そうとします。勝つにしろ負けるにしろ、いま問題になっているポイントに対しての答えを出そうとします。

 そのほうが傷が浅いという利点はあります。「わかった『それは』俺が悪かった。」…他のことは悪くないんです。悪くないことにします。だから全人格までは傷つかない。そして「じゃ、こうすることにしよう。」という答えを出して解決です。
 
 それが普通の「試合の終わらせ方」です。格闘技でレフリーが両者の間に飛び込んでゴングを要請するアレです。「【今回は】こっちの勝ち!」ということ。男女に限らず、大人のケンカは大抵そうやって終わります。根本的な決着をつける必要はない。

 かたや女性は、論点を拡げがちです。「あの時だってああだった」「あれも本当は前から嫌だと思ってた」と攻撃材料を増やしていきます。本当はってなによ。

 深く切り込んで話し合える利点はあります。ただ、それではケンカはなかなか終わらず、時には致命傷を負います。レフリーのいないデスマッチです。根本的に決着をつけたいわけではないけども、ケンカを始めた以上、求めるモノを得たいのかも知れません。

 そこで男側にとっては、女側の求めるモノがいまいち理解できない。「共感が欲しい」とか言われても「共感してるやん。」「全然してない」となる。

 あるいは、意図的に別れたい場合も同じ流れになります。

 ポイントは「決着をつける」=あらかた「別れる」という結果になることです。

 違う動物なので。

 わかりあえないのが当たり前なので。

 「わんわん!」と「にゃ~にゃ~!」で会話しているようなものなので。

 とことんわかりあうまで話し合うという時点で、ほぼ無理です。

 わかりあえるなんて幻想は捨てましょう。前向きに、あきらめましょう。

 現時点で理解できる、共感できる部分を最大限に尊重して、楽しく仲良く暮らしてください。ちゃお。

===========

f:id:kyojikamui:20170216114113j:plain

「ブルー・バレンタイン」

   何度かブログに書いている映画ですが…。

 これはやばいです。リアルすぎます。

  ラブラブなころはすべてが輝いていて、
  ダメダメなときは何してもダメ。

 ダメ男とダメ女のダメダメストーリーです。ダメいいすぎ。

 ディーンは、学歴もなく、肉体労働の安月給仕事だけど、それなりに楽しんで過ごしています。なにより家族を愛して、シンディの連れ子とも、とても仲良く暮らしていました。ディーンにとっては、シンディの文句の「意味がわからない」のです。「これ以上、何を望むんだ?」「家族のために働いてる」「子供ともうまくやっている。」「何が不満なんだ。」。

 かたやシンディは、別れたいと思ったきっかけは他の男との浮気で、その人と彼を比べてしまったからなんですが、それはただ考えるきっかけでしかなくて。だから、説明を求められると積年の彼への不満を羅列するしかない。

 ただ、そこで今さら本人をボロクソにDISっても仕方ないことはわかってる。だから言いたくない。でも言わないと相手が納得しない。「面倒くさい。とにかくもう嫌なの!」となる。 

 きっつい映画ですが、
 ラスト、ラブラブなころの二人、結婚式の時の風景が流れ、エンディングでは初デートの時に彼が歌った曲が流れる…あたりは、めっちゃ切なくて良いカンジです。