読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神威杏次 official blog

【俳優・脚本・演出家 カムイキョウジのモノローグ】主に、好きな映画の話に絡めて、神威が意味不明なことを書いているブログ。◆映画の話はネタバレご注意◆

「猫がどうして可愛いのか?」を考えてみた。

「猫がどうして可愛いのか?」を考えてみた。

「鎖骨があるから」

 鎖骨があることによって「抱きかかえる」仕草が可能になる。

鎖骨が「猫パンチ」を生み出す。鎖骨バンザイ。

 ▼鎖骨があるから隣の呼び鈴も押せます。

 自分の呼び鈴を使われた後の右の猫のリアクションが最高です。

 

 犬には鎖骨がない。その分、足が前方向に伸びて早く走れるわけだけど、そのかわり「抱きかかえる」動きができない。トラは、早く走る必要はあるけど獲物を抱きかかえる必要もある、だから、かなり退化はしてるけど小さい鎖骨が残ってて、ある程度は「抱きかかえるように抑え込む」ことができるらしい。

 ではなぜ「抱きかかえる動き」ができると可愛く感じるのかというと、それは「人間に近い動きだから」。

 どんな種族も、自分たちとの類似性が強いほど親近感を感じる。好意を抱く。だから「人間から見て」人間と同じような動きができる猫をかわいく感じます。

 火星探査用に開発されているロボットは、将来、人間との共同生活を想定して、二足歩行にこだわって作られているらしい。
 地球の支配者である人間が好意を抱くように、人間の勝手な都合で、わざわざ二足歩行に作られている。人間に媚びるように作られているのです。

 利便性を考えると、あるいは虫のような形にしたほうがきっと便利なのです(たぶん)。でも、それじゃ人間に嫌われる。

 勝手だなぁ、人間は。

 それにしても猫パンチって、どうしてあんなに笑えるのだろう。

f:id:kyojikamui:20170402145335j:plain

 

 内容とは全然関係ないですが、おススメ映画。

cinema.kamuin.com