神威杏次 official blog

【俳優・映画監督・脚本家 カムイキョウジのモノローグ】

【復刻】ある闘い-Movie wars-(後編)【加筆・改訂版】

 「実は、今度、●●さんが日活に入ってくることになりまして…。」

 詳しい話は割愛としますが、大筋の流れは以下の通り。

①ある力のあるプロデューサーが日活に入ってくることになった。

②今後、日活内の企画はすべてそのプロデューサーに一任される。

③ここまでに社内で進めていた企画も、一旦はすべて白紙。

 それは、Y氏たち「以前からいる人たち」にとっても寝耳に水の話だったようだ。さらに結果的に言うと、その話(大物プロデューサーが日活に来る)自体もなくなったようなのですが(どこにもそのような記録が残っていない)、Y氏が僕にそんな作り話をする必要もないから、きっと本当のことだったと思う。

 つまり、僕の映画の企画は「白紙」。

 誤解なきように補足すると、その(あらたに社内に入ってくる予定だった)プロデューサーが「悪い」という話では決してない。ただ、僕にとっては良くない話だったということ。

 愕然とするなんてものではなかった。絶望…だった。 

 

 しかしY氏は、そんな状況の中でも諦めずに頑張ってくれていた。数か月後、「ジグソーとモーテル、2本セットで、最終企画会議(残り3本)に残っています!と吉報が来た。まだ動いてくれていたのか!と少し驚いた。

 

▼いやだから、いまより全然、絵がうまいW

f:id:kyojikamui:20181025220743j:plain


 その結果も…負けたのですが、そこでのひとつの理由として「製作が決まった企画には、一千万円の自己資金があった」「それも大きかった」という話まで聞かせてくれた。
 さらに後日談を書くと、ここから半年くらい後だったか、Y氏に連絡をしてみると「結局、あの会議で通った企画も、結局、お蔵入りしちゃったんですよ」とのこと。本当、大手で企画を実現するまでには、そこまでのハードルがあるということ。

 どう表現していいかわからないくらい…落ちた。

 いまさら俳優一本に復帰する気力もわかず、ここからしばらくは「何もしたくない」メンタルまで落ち込んだ。

 今思うと、それでも「絶対やってやる」という気力が残っていれば、それまでに引っかかっていたどこかで、映画を実現する方法はあったと思う。メゲずに頑張れば、きっといけたと思っている。ただ、なにせ、気力が失せてしまった。

 そこからは、俳優としての営業も止めたまま、先方から頂いたオファーだけをこなす日々が数年続いた。 

 実は、またまったく違った作戦で、そのあとも数年は映画実現を目指して動いていたのですが…その辺から話を続けると、僕の「自伝」を長々と書かなきゃいけなくなってくるので、そこはさておき…

 どーん!と話が飛んで2018年

 「あの頃にやろうとしたことの一端を、どんな小さなバジェットでもいい、なにかしらカタチにしておこう」…そう思ったことが、今年、短編映画を2本撮った理由。

 もうすぐ上映会を迎えます。僕が大好きな人たちの前で、僕を好きでいてくれる大切な人たちの前で、小さいながらスクリーンに流せることを…その嬉しさを、心から噛みしめたいと思います。

 長文、お読みいただいた方、ありがとうございます。

 神威杏次