読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神威杏次 official blog

【俳優・脚本・演出家 カムイキョウジのモノローグ】主に、好きな映画の話に絡めて、神威が意味不明なことを書いているブログ。◆映画の話はネタバレご注意◆

住処(すみか)

今の部屋に来て一年が過ぎた。

 

 昨年の11月まで7年間過ごした賃貸マンションの部屋は気に入っていたのだが、耐震基準と区の開発に係る問題で取り壊しが決まり、やむなく今の部屋に引っ越した。

 

十九で東京に出てきてから、今の部屋で六つ目となる。過去の五つの部屋は、当然、それぞれに思い入れがある。

 

その時、誰と、どうやって過ごしていたか…部屋への愛着は自分自身の思い出と連動する。それはわかりやすい話として…どうも、それ以外にもなにかある。

 

人間の「住処(すみか)」への想いって…なんなんだろう、あれ。

 

昔からの地元である世田谷の三軒茶屋や三宿で仲間と飲んだ後、外の空気が心地よい夏の夜には、時折2時間くらいかけて歩いて帰っていた。その道中、七年過ごしたマンションの前を通る。取り壊しが進んでいた。

 

外壁を残して中をえぐられたような状態の四階建ての建物。まさに自分が住んでいた三階の部屋の見慣れた壁が、外に剥き出しになっていた。

 

思いのほか、ショックだった。

 

しばらくその場に座り込んだ。

 

まるで、自分の七年間をえぐり取られたような、そんな錯覚に涙が出た。

 

あの時、去来した想いはどう表現すべきか。

 

「猿の惑星」でチャールストン・ヘストンが朽ち果てた自由の女神を目のあたりにした時の心境?ちょっと違う?わからん。

 

「引き返すには遠い…。」

 

セリフにするとそんなところ。

 

=======================

 

いつのまにかクリスマス・ソングが流れていた。

 

この時期が嫌いなのではない。むしろ好きなのだけど、なぜか切なくなるのは、そこを走り抜けた後に…1月を迎えるのが大嫌いだからだ。

 

まぁいい、さぁ、走り抜けよう。